Q&A

食事・栄養

まずは食事をしっかり食べることです。ただし油の多いジャンクフードではなく、消化吸収の早いちゃんとしたものを食べるようにしてください。ウドンやモチ、パスタ、雑炊などがお勧めです。
そして消化酵素のサプリメントも使ってみましょう。毎食時に摂取することで胃腸の負担が和らぎ、消化吸収能力が高まります。できれば腸内細菌のバランスを良くするサプリメント、薬(ビオフェルミンなど)も一緒に摂りたいところです。
トレーニングは高重量を扱い、しっかり回復させてください。トレーニングすればするほど良いというわけではありません。筋肉は回復しているときにこそ、発達するのです。可能ならばできるだけ睡眠時間も長くとるようにしましょう。
増量とプチダイエットを繰り返す方法をお勧めします。
2ヶ月で特に体重を設定せずに自然に増えるようにし、それから4~6週間の
プチダイエットを行います。
それを繰り返し、脂肪がそれほど増えないようにしつつ、バルクアップしていく
ようにしましょう。
「かっこいいカラダVOL.20」でも紹介してある通り、一般的な方法ならば3日前、西オーストラリア法の場合は
24時間前からとなります。両者の違いについても「かっこいいカラダVOL.20」に書いてあります。
まずは摂取カロリーを増やすことです。食事を多く食べることが肝要になってきますが、食が細い場合は「消化酵素」のサプリメントを使って、食事量を増やしていくといいでしょう。多く食べることに慣れてきたら、だんだん消化酵素の使用頻度を減らしていきます。
また「クレアチン」は筋肉量と筋力をアップさせるのには不可欠のサプリメントです。できれば「クレアpI」などの吸収性の高い製品で摂取するようにします。クレアpIには消化の良い糖質も含まれるため、バルクアップには最適のクレアチンサプリメントです。
汗から流出するミネラルの関係で、疲労回復が遅れることがあります。果物類を多めに食べ、食事から塩分を摂る(味噌汁を多めに飲んだり、味付けを濃い目にしたりなど)ようにしましょう。
また水溶性ビタミンも不足しがちですので、マルチビタミンのサプリメントなどを多めに摂取したいところです。特に就寝前のビタミンB群は睡眠の質を改善してくれますので、プロテインを飲むときなどに、一緒に飲むといいでしょう

その他、ご不明な点がございましたら、こちらよりお問い合わせ下さい。

Page Topへ