サプリメントつれづれ日記 第二十四段

サプリメントつれづれ日記 第二十四段

齋王の、野の宮におはします有樣こそ、やさしく、面白き事の限りとは覺えしか。「經」・「佛」など忌みて、「中子」、「染紙」などいふなるもをかし。
すべて神の社こそ、捨て難く、なまめかしきものなれや。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

短期間で肉体改造が可能だと謳っている某社関連のニュースが業界をにぎわしていますが、お笑い芸人がボディビルの大会に出たり、マッチョ系のユニットがデビューしたりと、少々の捩じれは見えつつも、ここ最近は肉体改造がブームとなっている兆しがあるようです。

しかし多くの人は、ジムに通うのに二の足を踏んでしまうことでしょう。スポーツクラブの会員層を見ても、高齢者の数は増えているのに若者の入会者はあまりいないようです。今の若者は・・と説教じみたことを言うつもりはありませんが、彼らにとって魅力的なのは「コストパフォーマンスが良くて、そこそこの結果が手に入る」というもの。つまりローリスク・ローリターンです。

肉体改造に当てはめて考えると、ジムに行く時間や会費はもったいないし、そこまで筋肉を増やす必要もない。細マッチョくらいになれれば十分、といったところでしょうか。

この要求を満たしてくれるのがホームジムです。ただしスペースをとらず、器具も安いものという条件。となると、何が必要になるのでしょうか。

こんな相談を受けたとしたら、筆者ならば「ダンベルセットとアジャストベンチ」を勧めます。これだけで、例えば次のようなプログラムが可能となります。

全身プログラム
1. インクライン・ダンベルベンチプレス
2. ダンベル・プルオーバー
3. ワンハンド・ダンベルロウイング
4. ダンベル・ショルダープレス
5. ブルガリアン・スクワット
6. ダンベル・デッドリフト
7. クランチ

慣れてきたら、腕の種目も入れていきます。そして物足りなくなったら、ダンベルを買い足し、二分割にしてもいいでしょう。もしスペースに余裕があれば、「チン&ディップス台」を追加します。すると、こんなプログラムが可能となります。

二分割プログラム
A: 胸+背中+腕
1. インクライン・ダンベルベンチプレス
2. ダンベルフライ
3. チンニング
4. ワンハンド・ダンベルロウイング
5. ダンベル・プルオーバー
6. ディップス
7. インクライン・ダンベルカール


B: 脚+肩+腹
1. ブルガリアン・スクワット(上体前傾)
2. ブルガリアン・スクワット(上体垂直)
3. ダンベル・スティッフレッグドデッドリフト
4. インクライン・サイドレイズ
5. サイドライイング・リアレイズ
6. リバースクランチ
7. ツィスティング・クランチ
家でひそかに鍛えてカッコイイ身体になるというのも、悪くないんじゃないでしょうか。


山本 義徳

Page Topへ